スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2011.12.11 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

サークルってどんな所?〜短歌を始めたばかりの方へ〜

 皆さんはサークルにどんなイメージを抱いていますか?

「ひとりの方が気が楽」
「どこでやってんの?」
「私のレベルじゃまだまだ」

色々なイメージがあるでしょうが、結社やカルチャーセンターに比べるとメンバー募集の記事を見ることも少ないので、なんとなくとっつきにくい感じがしているのではないでしょうか?
今回はそのサークルについて紹介してみたいと思います。


サークルは「短歌」というキーワードのもとに集った小さな自主的な集団です。
(もちろん規模の大きなサークルもありますが)
基礎を学びたい、他の人の意見が聞きたい、一人で詠んでいても寂しい…理由はそれぞれですが、みんな「短歌」を愛している人達です。
(そしておそらく「短歌」から愛されたいと願っている人達でもあります)

サークルの最大の利点は集団であるということです。
独学では気付かなかったことに出会う場でもあると思います。


サークルによって進行も様々でしょうが、ここでは私の所属しているサークルの方法を紹介したいと思います。



続きを読む >>

ちょっと待って!〜短歌を始めたばかりの方へ〜

私は今、地元の短歌サークルに参加しています。
歌歴8年にしてようやく参加してみたサークルは初心者向き、新人なのに先輩という逆転現象が起きましたが、暖かく迎えてくれました。
そこで感じたことなどを書いていきたいと思っています。


月に一回開かれる歌会は、結社にも属し、歌集も出しておられるT先生のやり方です。
先生曰わく「どこの結社もこんな風に進んでいく」とのこと、利点は少人数なので誰でも発言できる点です。
各々がいいと思う歌に点を入れ、感想を言います。
そこでよく耳にするのが
「情景が見えていい歌だと思います」
というもの。
なんだか当たり障りのない、無難な感想に思えて仕方ありません。
例えば秋の歌会の日、落ち葉の歌がありました。
「落ち葉を踏んだ時の音が聞こえてきそうな」
「落ち葉の絨毯が目の前に広がっているような」
そんな風に具体的に感想を言ってもらえれば、作者としても嬉しいはず。
でもやはり無難な言葉しか出てきませんでした。
私が指摘したのは「落ち葉の美しさ」という表現。
形が美しいのか、色が美しいのか、浮き出た葉脈の模様が美しいのか、具体的に詠まなければ読者には分からないと伝えました。
ところが他の皆さんは、情景がよく分かると言います。
これはどういうことなのでしょう?

実は…


続きを読む >>

1

access

管理人にメールを送る
(さるさる日記のメールフォームです)

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 【文語短歌】自由自在・その12【古典和歌】
    夜考宙ん
  • Book-Offで歌集を買う
    夜考宙ん
  • 【文語短歌】自由自在・その11【古典和歌】
    夜考宙ん
  • 【文語短歌】自由自在・その11【古典和歌】
    さね
  • 【文語短歌】自由自在・その11【古典和歌】
    夜考宙ん
  • みゆきまたなむ
    夜考宙ん
  • 連載小説 『部屋』 【後編】
    夜考宙ん
  • モテたい。【番外篇】
    うさぎ林檎
  • power of kotonoha
    夜考宙ん
  • 歌クテルwebマガジンは一周年を迎えました。
    さねとも

search this site.

profile

mobile

qrcode

links

others

sponsored links

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM