スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2011.12.11 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

サークルってどんな所?〜短歌を始めたばかりの方へ〜

 皆さんはサークルにどんなイメージを抱いていますか?

「ひとりの方が気が楽」
「どこでやってんの?」
「私のレベルじゃまだまだ」

色々なイメージがあるでしょうが、結社やカルチャーセンターに比べるとメンバー募集の記事を見ることも少ないので、なんとなくとっつきにくい感じがしているのではないでしょうか?
今回はそのサークルについて紹介してみたいと思います。


サークルは「短歌」というキーワードのもとに集った小さな自主的な集団です。
(もちろん規模の大きなサークルもありますが)
基礎を学びたい、他の人の意見が聞きたい、一人で詠んでいても寂しい…理由はそれぞれですが、みんな「短歌」を愛している人達です。
(そしておそらく「短歌」から愛されたいと願っている人達でもあります)

サークルの最大の利点は集団であるということです。
独学では気付かなかったことに出会う場でもあると思います。


サークルによって進行も様々でしょうが、ここでは私の所属しているサークルの方法を紹介したいと思います。



月に一回開かれる歌会では、結社にも属し、歌集も出しておられるT先生のやり方です。
先生曰わく「どこの結社もこんな風に進んでいく」とのこと、利点は少人数なので誰でも発言できる点です。

まず歌会が始まる前に、翌月用の短歌(自宅で清書したもの)を先生に提出します。
この歌が次の歌会に先駆けて、一覧となって郵送で届けられます。
(歌と一緒に返信用封筒も提出するのが原則です)
もちろん作者名はありません。1から順に番号がふってあるだけです。
その中から自分がいいと思う歌を三首選びますが、それ以外の歌についても予習をしておきます。
「この言葉遣いが面白い」
「助詞は省かない方がいいのでは?」
など、一首一首にきちんと向き合える時間を持てるように、かなり余裕をもって歌が届けられます。

当日は選歌係に自分が選んだ歌の番号を伝えます。
サークルは自主集団ですので、やはり何らかの係が必要になってきます。
抽選や持ち回りなど、サークルによって選別法も違うでしょう。
係の仕事については、また機会があればお話ししたいと思います。

選歌係は集計結果を司会者(進行係)に伝えます。
発足したばかりの私のサークルでは先生が司会をしてくださっていますが、将来的には進行係をおきたいと言っておられました。

これでようやく歌会が始まります。
1の歌から順に講評をしていくことになりますが、作者は自分の歌については一切発言しません。
ほかの人の意見をよく聞いておきます。

進行係は1の歌に点を入れた人を一人指名し、読み上げてもらいます。
その後感想を言いますが、その感想に対して疑問を投げかけるなどの発言は自由です。
進行係は頃合いを見て、同じく1の歌に点を入れた別の人を指名します。
読み上げるのは最初の一人だけで、あとは感想のみです。
「ほかの方はどうですか?」など進行係が呼びかけて、点を入れなかった人も意見を言い合います。
次に2の歌、3の歌…と同様に進みますが、点の入らなかった歌を飛ばすことはありません。
進行係の指名で、読み上げ、感想と同じように進んでいきますが、違うのは「〜だから選ばなかった」という理由が述べられる場合があることです。
この理由は作者本人はもちろんですが、周りで聞いている人にもその人の傾向のようなもの(明るい歌を好む人なんだ、など)が見えてくるのでとても参考になります。


こうして最後に作者名が発表されます。
作者本人に訊きたかったことなどはこの時に。
私はよく歌そのものの説明を求められます。
余り詳しく語りたくはないので、全部の種明かしをせずに、皆さんに色々想像してもらえるラインをいつも探っている感じです。
参加している皆さんもそれぞれに「探っている」ものや事柄があると思います。


歌会によっては、題を決めていたり、或いは当日発表された題でその場で詠むことなどもあるそうです。
でも初心者の方にはちょっとハードルが高そうな気がします。
(かく言う私も自信がありません…)

地元のミニコミ紙や公民館などの掲示板をよく見てみれば、短歌サークルの告知があるかもしれません。
大抵の場合、見学は自由ですので、興味のある方はちょっとアンテナを張り巡らせてみてはいかがでしょうか?



(このウェブサイトに掲載されている情報は、著作権法に基づき保護されています

スポンサーサイト

  • 2011.12.11 Sunday
  • -
  • 00:00
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

access

管理人にメールを送る
(さるさる日記のメールフォームです)

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 【文語短歌】自由自在・その12【古典和歌】
    夜考宙ん
  • Book-Offで歌集を買う
    夜考宙ん
  • 【文語短歌】自由自在・その11【古典和歌】
    夜考宙ん
  • 【文語短歌】自由自在・その11【古典和歌】
    さね
  • 【文語短歌】自由自在・その11【古典和歌】
    夜考宙ん
  • みゆきまたなむ
    夜考宙ん
  • 連載小説 『部屋』 【後編】
    夜考宙ん
  • モテたい。【番外篇】
    うさぎ林檎
  • power of kotonoha
    夜考宙ん
  • 歌クテルwebマガジンは一周年を迎えました。
    さねとも

search this site.

profile

mobile

qrcode

links

others

sponsored links

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM