スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2011.12.11 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

第25号・特別企画「笹井宏之さん誕生日」

■夜考宙ん
旅立った
笹舟の背は
触れずとも
あなたの生は
歌に紡がれ

空の果て
星を綴りて
歌う君
見上げる猫が
静かに微笑み


■野添まゆ子
同じ罪を背負って生きる百合の中 あなたはわたし わたしはあなた

「今君が見ている月を届けてよ」わたしに言える最後のわがまま


■ぽちうに
人であることを手放し君は今、とても自由な風なのでしょう

おそらくは微量、大気に含まれた君が通った胸の風穴


■想
もてあます心を母がおだやかに体に翻訳しはじめる午後

雪けぶる窓に息する軌道確保 ひととからだは天へ捨てゆく


■梳田碧
ひとづてに聞けばあんがい太陽の似合う男子であったのである

にんげんを脱ごうと思い袖口のボタンをひとつ、ふたつ、はずした


■吹雪
獅子きたる月夜に母は全力であなたを包むコットンタオル

昔 遥かなる君の 前頭前野 触れてもいいの? 触れてくれるの?


■A.I
夏の尾は地をゆったりとひいてゆく/風がうまれた朝のソレイユ

泣いたけど泣くのもなんか違う気がしたから影を追い歩き出す


■さねとも
出産を終へしライオン今しづかに我らを頭上より睥睨す

丹念に磨かれしのち原石は真実となり八月朔日




こんにちは、『歌クテルwebマガジン』管理人のさねともです。

今回は特別企画として短歌作品を掲載いたしました。

と言いますのは本日8月1日、歌人・笹井宏之さんの誕生日だからです。

笹井さんは、このwebマガジンの母体である『歌クテル』本誌2号と3号に作品を寄稿されていました。それは、彼の第一歌集『ひとさらい』より以前の出来事です(詳しくご覧になりたい方はバックナンバーをご利用ください)。

そしてその『ひとさらい』発売の日付は、2008年2月14日のことでした。

こと彼に関しては、日付の印象がとても強い。

これは他でも書いていたことですが改めて。

源実朝という歌人がいます。都から遠く離れた鎌倉で、当時の王朝和歌とは一線を画した和歌を詠んでいた人です。そして実朝は、数え年28歳(満26歳)で亡くなりました。

要するにこういうことです。

源実朝
1192年8月9日生まれ、1219年1月27日没
笹井宏之
1982年8月1日生まれ、2009年1月24日没

二人とも全くの同い年で、さらには亡くなったその日に鎌倉と佐賀には大雪さえ降っていたそうです。

実朝に惚れこみ、HNを「さねとも」としていた私の前に現れた笹井さんは、私に全く不思議な思いを残しています。まるで「僕が実朝だったんですー」と言われたような、そんな気分です。

私の手元にある『ひとさらい』には、笹井さん直筆の手紙がはさまっています。

さねともさんへ
こんにちは。モバイル短歌でのであいから、歌葉を経て、ついに歌集にたどりつくことができました。

心から、感謝を申し上げます。
こうして歌集が送れることが、なによりうれしいです。

『ひとさらい』発売の2月14日は、当「歌クテルwebマガジン」の創刊記念日でもあります。特にその日を選んだのでもありますが、こうして8月1日をまた更新日として迎えられた奇縁に感謝し、webマガジン上で笹井さんの誕生日をお祝いしたいと思い、今回の特別企画を思いつきました。

今回の作品は、mixi歌クテルコミュにおいて今日という日のために募集し、それに応じてくださった皆さんによるお祝いの形です。作品を送ってくださった皆様、どうもありがとうございます。この場を借りて、厚く御礼申し上げます。

そして笹井宏之さん、お誕生日おめでとう!



(このウェブサイトに掲載されている情報は、著作権法に基づき保護されています

スポンサーサイト

  • 2011.12.11 Sunday
  • -
  • 00:00
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

access

管理人にメールを送る
(さるさる日記のメールフォームです)

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 【文語短歌】自由自在・その12【古典和歌】
    夜考宙ん
  • Book-Offで歌集を買う
    夜考宙ん
  • 【文語短歌】自由自在・その11【古典和歌】
    夜考宙ん
  • 【文語短歌】自由自在・その11【古典和歌】
    さね
  • 【文語短歌】自由自在・その11【古典和歌】
    夜考宙ん
  • みゆきまたなむ
    夜考宙ん
  • 連載小説 『部屋』 【後編】
    夜考宙ん
  • モテたい。【番外篇】
    うさぎ林檎
  • power of kotonoha
    夜考宙ん
  • 歌クテルwebマガジンは一周年を迎えました。
    さねとも

search this site.

profile

mobile

qrcode

links

others

sponsored links

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM