スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2011.12.11 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

第27号は夏休み。

こんにちは、さねともです。
本日8月15日、更新日に当たっておりましたが、諸般の事情により突然ながら夏休みとさせていただきます…。

楽しみにしてくださった皆様、まことに申し訳ありません。

しかしながらせっかく見にきてくださった皆様のために、穴埋め企画として『更新3時間前から書き始める私の好きな歌』をお届けしようと思います。

「どうせ古典でしょ?」と思った方々。

お願いです、どうかがっかりしないでください。。。


まず書き始める前に、昨日報道された訃報から。
河野裕子さん死去。

河野裕子さんといえば…

逆立ちしておまへがおれを眺めてた たつた一度きりのあの夏のこと

たとへば君 ガサッと落葉すくふやうに私をさらつて行つてはくれぬか

ブラウスの中まで明るき初夏の陽にけぶれるごときわが乳房あり

(河野裕子『森のやうに獣のやうに』昭和47年)

この三首は外せますまい。

一首目の男女倒錯というか、これは文語ならではの特性を逆手に取った名歌です。逆立ちしたのは男なのか女なのか。また「おれ」は男なのか女なのか。そこは読者に委ねられていますよ。

二首目も歌人だったら誰もが知ってる名歌です。私の感触でしかありませんが、私が子供の頃に読んだ少女漫画の数々は、この歌を土台にしてるような気がしてます(というか読んでたのかよ。ちなみに私のお気に入りは、岡田あーみん『お父さんは心配症』)。

三首目。
これは古典和歌の「思ひ(火)」を取り込んでます。「けぶれるごときわが乳房」は「思ひ(火)」によって燃え、煙を出すのです。その内側に燃える思いと初夏の透き通るような明るさ!

本当に素晴らしい歌人だと思います。
謹んでご冥福をお祈りいたします。

さて…
河野裕子さんを出しちゃうと次の歌がとても出しづらい(苦笑)。

匹敵するのは小野茂樹でしょうか。

あの夏の数限りなきそしてまたたつたひとつの表情をせよ
(小野茂樹『羊雲離散』 昭和43年)

これも有名すぎるくらいの名歌。
私の大事な仲間はこの歌を「実はエロい」と断じてました。
でも、そうなんですよね。この歌をプラトニックなままで終わらせると物足りないのです。

短歌というのは三十一音しかないわけですから、詠われている以外の言葉は読者が補完するしかない。その補完を自然に促すような歌がいわゆる秀歌となるわけで、それをいかにさりげなく歌に出来るかというのが問題なのです。適当に詠めば適当なままに、わざとらしさが出てしまいます。

茂樹の歌は、そういう工夫を感じさせないくらい簡単な言葉でそれを達成しているからすごいのです。

そういう歌、探すとなると…。

海を知らぬ少女の前に麦藁帽のわれは両手をひろげていたり
(寺山修司『空には本』昭和33年)

やっぱりテラヤマっすか。
この人は好き嫌いが分かれると言われていますが、何だかんだ言ってテラヤマは巧い。簡単に出来そうに見えますがこれを作るのにどれだけ言葉の取捨選択を行なっているか。この歌には不要な言葉が一切なく、曖昧な言葉もありません。それは、言葉を足していって三十一文字に収めるのではなく、言葉を削っていって三十一文字にするから出来ることです(その差は歴然だと思いますよ)。

あいや、時間切れ。
以上の歌から、三首並べてみます。

逆立ちしておまへがおれを眺めてた たつた一度きりのあの夏のこと

あの夏の数限りなきそしてまたたつたひとつの表情をせよ

海を知らぬ少女の前に麦藁帽のわれは両手をひろげていたり

こうして並べてみると、戦後の若き歌人たちの夏は、なんだかアツイですな。今はすでにこれらでさえ古臭くなっていますが、それでもこれらの歌が持ってる独特の緊張感は何とも言えずいいものだなぁ、と。

これも時代の空気かな…。
20世紀中葉の人たちは、とても集中して生きてたんだと思いますよ。
今ほどいろんな情報に興味が分散しない分、その集中力はすさまじかったんだろうな、とも。

今さらながらに、いろいろ考えさせられる今日この頃です。



(このウェブサイトに掲載されている情報は、著作権法に基づき保護されています


スポンサーサイト

  • 2011.12.11 Sunday
  • -
  • 00:00
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
ご本人のお歌はもちろん、今野寿美さんの「もうひとり産んどきなさいとそんなこと河野裕子でなければ言はず」も読み返しました。
長谷川櫂さんは「大いなる女性を感じさせる」と書いておられました。
  • 野添まゆ子
  • 2010/08/15 11:50 PM
27号、休刊にもかかわらず、臨時掲載ご苦労様です!

いや改めて、Webマガジンの新創刊から、既に27発刊…さねともさん並びに他の執筆陣の皆さんの「三十一文字への思いの結晶」が継続の力になっているのが、1拝読者として毎回ヒシヒシ感じてます(^_^)

ですからたまには休みを取って、また肩肘張らない、気さくで楽しく、読み手が1人でも短歌に興味を持つような、そして少しずつでもその気持ちが広まっていくようなWebマガジンを発信していって下さい。(^O^)


…僕は中学で短歌を知り、時を経てモバイル短歌で楽しさを知り、そして幸運にも歌クテルに参加(僕は御迷惑ばかりかけてましたが・汗)でき、歌クテルで生の短歌の世界に触れました。そして今、日常は勿論、他のサイトやこのWebマガジンを拝読する事で多少なりとも「一種の繋がり」が保てているような気がします(^_^;)

これからも1読者として応援してます!!

☆人心
付いて離れて
交差して
日暮れ明日来て
歌は紡がれ…


何か…思いっきり当たり前の歌になってしまいました(T▽T)

長々と失礼しました。
  • 夜考宙ん
  • 2010/08/16 12:25 AM
>野添まゆ子さん

おお!
書き込みありがとうございます!

今野寿美さんの歌もさることながら、長谷川櫂さんの、母性でもない「大いなる女性」という言葉、凄味がありますね。

最期まで歌では女であることを通したのでしょうね。

女であることを文語で表現すること。
なんだか私の連載にも敷衍できそうな。

とてもよいインスピレーションを頂いた気がします。

ありがとうございます。
  • さねとも
  • 2010/08/16 9:44 PM
>夜考宙んさん

お気遣い、ありがとうございます。
連載とはいえ、一ヶ月以上のスパンがありますので、しっかり休みは取れておりますよ。

というか…書けるときに書いておかないと、なんだかもったいない気がしているのです。

せっかくの、プロジェクトですからね。

★気負ふことなきつながりを育まん まつたき円を描くごとくに

  • さねとも
  • 2010/08/16 9:51 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

access

管理人にメールを送る
(さるさる日記のメールフォームです)

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 【文語短歌】自由自在・その12【古典和歌】
    夜考宙ん
  • Book-Offで歌集を買う
    夜考宙ん
  • 【文語短歌】自由自在・その11【古典和歌】
    夜考宙ん
  • 【文語短歌】自由自在・その11【古典和歌】
    さね
  • 【文語短歌】自由自在・その11【古典和歌】
    夜考宙ん
  • みゆきまたなむ
    夜考宙ん
  • 連載小説 『部屋』 【後編】
    夜考宙ん
  • モテたい。【番外篇】
    うさぎ林檎
  • power of kotonoha
    夜考宙ん
  • 歌クテルwebマガジンは一周年を迎えました。
    さねとも

search this site.

profile

mobile

qrcode

links

others

sponsored links

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM