スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2011.12.11 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

kotonoha-mix(6) 桃色恋愛事情 feat.藤原桃

kotonoha-mix4組目のお客様は、精力的に短歌の創作・歌集の制作・イベントへの参加をしている、日野の同世代歌人、藤原桃ちゃんです!
リアルな恋のみならず、BL短歌・百合短歌と、幅広く手を伸ばす桃ちゃんの、エロくも切ない桃色ワールドに迫ってみました♪ ヒア・ウィー・ゴー!!


■楽に息ができるんだけど!

日野:桃ちゃんは、結社とかサークルに入らずに一人で活動してるんだよね。
藤原:そうですね。6年前に、なんとなく5・7・5で言葉遊びをしてて、短歌を昔やってた友達に「ねえねえ出来たんだけど」って言ったら、「あとに7・7って付けると短歌になるよ」って言われて7・7まで付けて。短歌をはじめて詠んだのがその時。
日野:遊びで作り始めたんだね。自然に出てきたっていうか。
藤原:って、思ってたんですよ、自分でも。でもあたし、俵万智とか桝野浩一とか林あまりとか、意外と読んでたの。でも、桝野浩一の『かんたん短歌のつくりかた』に投稿の短歌がいっぱい載ってて、こんな若い子達がこんなすごい歌を作ってるんだったら、あたし今さらやっても無理だな、みたいにあきらめてたのね。こんなの作れないし、って。
日野:難しく思っちゃったんだ。
藤原:そう。そこから3年後ぐらいだよね、詠みはじめたの。
日野:やっぱり、縁はあったんだね。伏線的な。
藤原:そうそう、伏線があって。あたしはとにかく何か書きたいんだけど書けなくて、苦しくてもがいてる感じ……が、25〜6までずーっと続いていたから、短歌に出会った瞬間に「ちょっ、楽に息ができるんだけど!」みたいな感じになって。で、ブログをはじめて、それが「藤原桃の桃色短歌」っていう、今もやっているサイト。だからはじめた時に、周りに短歌やってる人がいるわけでも師匠がいるわけでもなかったの。ブログ始めてから偶然「文学フリマ」っていうイベントがあることを知って、ちょっと自分で本作ってみようかな、自分の名前で本出したいなーと思って、はじめて作ったのが『桃色短歌vol.1』。知り合いのデザイナーさんに表紙だけお願いして、中身とか全部自分で作って印刷所に出して、一人で文学フリマに参加したの。
日野:勇気あるよね。
藤原:ブルッブルだったよ。超ふるえた。なにするわけでもないのに緊張して手ふるえちゃって。何回か出て、今は慣れたけど、はじめて出た時は、誰に認めてもらったわけでもない人間が、こんなところで値段をつけて本を売るってことに、ものすごい緊張感。でも15冊くらい売れて、びっくりして。売れて5冊だろうと思ってた。

 ■BLも百合も「恋愛」だから。

日野:桃ちゃんの短歌は、気持ちを素直に吐露してる感じがする。
藤原:ひとりごとなんだと思う。ブログにUPしてる時はひとりごとなんだけど、本にする時は、同じ気持ちの人がどっかにいるんじゃない?みたいなのを考えてる。ブログで短歌を詠む時と、編集して本にまとめる時っていうのは、けっこう意識が違っていて。
日野:著者の自分と編集者の自分がいるんだ。
藤原:そう。今回、最新作の百合短歌(『桃園ランデブー)を作った時は、中身作るのと同時に編集作業もしてたから、けっこう辛かったね。
日野:BLも百合も書くしで、桃色短歌もあるし、いろんな表現の方法をしてるよね。
藤原:ただ、恋愛なんだよね。あたし恋愛以外のことに興味があまりないの。
日野:恋愛体質?
藤原:たぶん。なんでBL短歌やったかっていうと、男の子同士の「恋愛」のお話だし、百合も女の子同士の「恋愛」のお話だし、そこにある「切ない」とか「エロい」とか「好き」とか「会いたい」とかは、同じだなと思って。あたしブログのテーマに「今の恋や昔の恋や、もしかしたらあるかもしれない未来の恋を31文字で詠んでます」って書いてるのね。だから別に想像でもいいし、過去を思い出してもいいし、今好きな人のことじゃなくてもいいわけ。このコンセプト自体、百合にあてはめようがBLにあてはめようが、同じだから。あと、普段自分の歌の中では使えないシチュエーションが、百合だったりBLだったら使える、っていうのもあって。もともとあたし女の子がとても大好きなので、男の子を本に載せたのはBL短歌だけ。
日野:あっ、そうだよね、『Pinky Princess』『桃魔』も女の子の絵だけだもんね。
藤原:(『Pinky Princess』をひらいて)ここにちょっといるぐらい。
日野:気づかなかった(笑)。本自体もね、毎回可愛くって楽しみにしてるんだけど。
藤原:表現するのが好きなのと同時に、本が好きなの。本っていう形のものが。
日野:毎回、すごい女の子らしい。そう言われてみれば、短歌には男の人の影が常にあるけれども、絵としてはなかったのね。
藤原:絵描いてくれてる二人も、女の子描くほうが得意っていう人たちだから。男出すとね、やっぱりほんとにエロくなっちゃう。歌自体は、『Pinky Princess』をバイト先の人に見せたら、エロいエロい言われたけど(笑)。
日野:短歌はね。でも絵はすーごいメルヘンなっていうか、絵本みたいなんだよね。紙質もいいんだよね。
藤原:エロといっても、下品にならないように、ファンタジーになりすぎないようにしてるつもり。
日野:エロ本じゃない、っていうね。
藤原:あくまでも描いてるのは恋なんだけど。でも、もうひとつスパイス足りないなって最近自分でも思っていて、どうしようかな、って考えてたりはするんだけど。

■やりたいと思ったことしかやってない。

日野:今年、豊作だよね? イベントのたびに新作出てるからすごい。(yukkyさんとの共著『放課後ドロップ』を見ながら)ああ、途中までyukkyさんで……なるほど……「先生と僕」!
藤原:あたし、先生好きなんっすよ(笑)。
日野:(『桃園ランデブー』をひらいて)この原稿用紙のページすごぉい。
藤原:これはイラスト描いてくれた子が「こんなデザインどうですか?」ってくれて、そのまま使わせてもらって。
日野:文学少女って感じ。今年でもう、4冊出てるんだよね?
藤原:そう、4冊。冬にあと1冊出せるといいな〜。
日野:旺盛だよね。
藤原:やりたいと思うと、いてもたってもいられなくなっちゃう(笑)。
日野:このペースを見てると、普段を見てなくてもね、すごい実行力だなって。
藤原:やりたいと思ったことしか今やってないから。やりたくないことやりたくないから。
日野:やってもしょうがないよね。
藤原:誰に頼まれてるわけでもなく、お金をもらってるわけでもなく本を作るって、変だなぁって思うんだけど、ま、いっか変でも、みたいな(笑)。

■やっと終わりに気づく盲目。

藤原:最近、あまりエロい歌が詠めないんですよ。エロい出来事がないからなんだけども。
日野:ああ、案外とわたしは付き合ってる時のほうがエロい歌が書けない。
藤原:ああー。あたしは夕べのことをそのまま思い浮かべて、どうやって書こうかな?っていう……反芻?(笑)でも、反芻したことを書くのはけっこう難しいかもしれない。
日野:日が経っちゃうと妙に客観視してて、「うわ、書けなーい」って。リアルタイムに詠んだ恋愛の歌を、何年か経って読みなおすと、その時とは違う感情になったりとかある?
藤原:全然違う。あ、こんな歌詠めたんだあたし、面白いなーと思う(笑)。最初の歌集のはじめに入ってるのが「新しい名前つぶやくその時にやっと終わりに気づく盲目」っていう歌なんだけど、これってみんなそうじゃない?と思うし、今でもあたし、そうなの。ずっと忘れられなくて引きずって、次に好きな人ができた時にやっと、なんだよね。自分の中で「あ、今終わったんだ」っていうのが、はじまりと同時なの。しつこくずっと好きなの、1回好きになった人は。別れても自分のものだと思ってるの。タチの悪い女(笑)。
日野:告られるより告るほうって言ってたもんね。
藤原:告るっていうか、そういうふうにしちゃう、するって決めてかかるみたいな(笑)。
日野:ハンターだ!(笑)
藤原:そう、ハンターって言われる(笑)。妹が「桃ちゃんは、布の服に木の棒持って、エーイって向かってって倒しちゃう感じだよね」って。
日野:原始人か!?(笑)
藤原:いっちばん弱い装備なのに、それ見て相手が逆にひるんじゃうみたいな。今年に入ってから恋愛に関しては迷走しているんだけど、迷走したなりに歌が詠めてて。ダメだね、ものを書くっていうのを毎日のひとつにしちゃうと、毎日のいろいろなことがすべてネタになっちゃう。
日野:あるね(笑)。でもこういうことしてるとさ、いいことも悪いこともネタにできるから、なんかお得な気分ではあるよね。
藤原:それはあるね。確かに。楽! 楽って言っちゃいけないけど(笑)。
日野:あまりにもひどい時期には歌どころじゃなくなっちゃうけど。

■何者でもないな。

藤原:「藤原桃」って、ペンネームなんだけど、今もう本名よりしっくりきてしまっていて。その名前を持ったときに、すごく楽になったんだよね。自分自身そのままの状態だと、嫌な自分とか、過去の後悔とかあったりするんだけど。
日野:いろんなもの引きずってるよね、本名は。
藤原:引きずってる。そう。そこを、ペンネーム作ったことによって、とりあえず切り離せるようになった。
日野:別モノっていうか、一人なんだけどさ(笑)、ちょっと違った存在としてね。楽にアウトプットできるように。
藤原:そうだね、ちょっと自由になっているかな?って気はするかな。
日野:やっぱり名前って重要だよね。
藤原:だよね。ほしかったね、名前は。原田宗典の『何者でもない』っていう小説を読んだ時に、「何者でもないな、あたしも」って。たぶんみんな、なんでもいいから何者かになりたいとは思ってるじゃない。有名になって商業出版で本を出せたら、食えないとは思うけどうれしい。だけど、あたしはとりあえず今のところ「藤原桃」でありさえすれば、なんとかなるかな?って。

■ここでいちごつみ。

記憶すら遠のく日ざし「キミハドコ?」センター街で焦がれる九月(桃)
キミハドコキミハドコってつぶやいて片足跳びのわたしの少女(やや)
少女時代忘れたむしろそんなのはなかったずっと抱き合っていた(桃)
忘れずに持ってたことは正しくて忘れたことも正解だった(やや)
正解にたどりつけない濡らされた記憶の答えあわせできずに(桃)
濡らされた。猛暑日の空をあおぐときしまうまになりだす交差点(やや)

半分ガールズトークでお届けしてまいりました、kotonoha-mixでした(笑)。
「あたしの歌を見て、恋がしたいなぁと思ってくれたらうれしい!」と語っていた藤原桃ちゃんの今後のイベント参加予定は、9月20日(月・祝)Girls Love Festival 4(大田区産業プラザPiO)、12月5日(日)第11回文学フリマ(大田区産業プラザPiO)です★
恋愛短歌でキュンとしてみてはいかがでしょうか?
それから、9月25日(土)には、黄金町バザールに合わせた「著者が売る本屋さん」が、阿川大樹さんのスタジオにて開催されます。日野も参加しますので、ぜひ遊びに来てくださいね!

ではでは、シー・ユー・ネクスト、ばいばーい!!



(このウェブサイトに掲載されている情報は、著作権法に基づき保護されています

スポンサーサイト

  • 2011.12.11 Sunday
  • -
  • 00:00
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

access

管理人にメールを送る
(さるさる日記のメールフォームです)

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 【文語短歌】自由自在・その12【古典和歌】
    夜考宙ん
  • Book-Offで歌集を買う
    夜考宙ん
  • 【文語短歌】自由自在・その11【古典和歌】
    夜考宙ん
  • 【文語短歌】自由自在・その11【古典和歌】
    さね
  • 【文語短歌】自由自在・その11【古典和歌】
    夜考宙ん
  • みゆきまたなむ
    夜考宙ん
  • 連載小説 『部屋』 【後編】
    夜考宙ん
  • モテたい。【番外篇】
    うさぎ林檎
  • power of kotonoha
    夜考宙ん
  • 歌クテルwebマガジンは一周年を迎えました。
    さねとも

search this site.

profile

mobile

qrcode

links

others

sponsored links

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM