スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2011.12.11 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

【文語短歌】自由自在・その8【古典和歌】

 こんにちは、さねともです。

今回も文語の学習方法について書こうと思っていました。

…いましたが、ここのところ私生活の仕事が大変なことになっていまして、ゆっくり書く時間が作れなくなっています。楽しみにして頂いている読者の皆様には申し訳ないことですが、今回は箇条書きにして時間が取れた際に詳細を書き足そうと思います。その際はお知らせいたします。

今回の予定は、前回紹介した『文語訳聖書』に続いて良質な文語の文章を挙げようと思っていました。文語の本を出来るだけ安価で入手したい人のための最大の味方、岩波文庫のラインナップです。

■『萩原朔太郎詩集(氷島)

朔太郎は口語自由詩のフロンティアですが、その晩年に出した『氷島(ひょうとう)』という詩集は文語詩でした。そこに回帰したと結論付けるためには議論があるようですけれども、これは何とも言えず良い詩集です。

■『珊瑚集』永井荷風著

これは荷風がフランスの詩を文語訳している詩集で、これもとても良い。

■『自然と人生』徳富蘆花著

これはとても不思議な本で、文語の散文詩といったようなもの。このあたりから中級者向け。

■『蘭学事始』杉田玄白著

ご存じ『解体新書』を世に送り出した歴史的人物のエッセイ。江戸時代の書物と思えないほど読みやすく、文章もとても美しいです。

■『一国の首都』幸田露伴著

上級者向け。江戸から東京に生まれ変わった日本の首都の問題点をズバズバ書いている本。現代でも普通に通じる内容に驚いてください。

ポイントは、できるだけ定型でない文章を読むこと。五七調の詩などは読むときの勢いがよいものですが短歌の調べに直結してしまうのでオススメしません。

まだまだ書きたいことはたくさんあるのですが、今回はここまで。ぜひ入手してみてください。




(このウェブサイトに掲載されている情報は、著作権法に基づき保護されています

スポンサーサイト

  • 2011.12.11 Sunday
  • -
  • 00:00
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

access

管理人にメールを送る
(さるさる日記のメールフォームです)

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 【文語短歌】自由自在・その12【古典和歌】
    夜考宙ん
  • Book-Offで歌集を買う
    夜考宙ん
  • 【文語短歌】自由自在・その11【古典和歌】
    夜考宙ん
  • 【文語短歌】自由自在・その11【古典和歌】
    さね
  • 【文語短歌】自由自在・その11【古典和歌】
    夜考宙ん
  • みゆきまたなむ
    夜考宙ん
  • 連載小説 『部屋』 【後編】
    夜考宙ん
  • モテたい。【番外篇】
    うさぎ林檎
  • power of kotonoha
    夜考宙ん
  • 歌クテルwebマガジンは一周年を迎えました。
    さねとも

search this site.

profile

mobile

qrcode

links

others

sponsored links

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM