スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2011.12.11 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

短歌をはじめたころのわたしへ(12) にわか歴女と秋の空

こんにちは。

にわか歌人、
にわか鉄子、
にわか歴女、の、A.Iです。


「にわか」というと、悪い意味にとられてしまうかもしれません。
でも、それでいいのです。
降りたての雨のように、いつでも新鮮な気持ちです。

「短歌を詠みたい」というかたは、まじめなひとがおおいのですが(笑)、
なにも、まいにちびっしりと机に向かうだけが歌への対峙のしかたとはかぎりません。
趣味というのは、自分のペースで取り組むのがいちばんだと思います。
自分の趣味の共通点は、旅、に関するということかなぁ。

電車にのって、ことこととゆられて、
史跡を見て、おいしいものを食べて、
そのうちの何割かが歌になればいいなぁ、くらいの気持ちで、のんびりと生きていきたいものですね。

相席に慣れているのか 通学の男子のあたま剃り跡青し



私はもともと転勤族の子で、現在は転勤族の妻として、
南部藩と伊達藩の境目あたりの町に暮らしています。
何年かしたら、またどこかに移動するだろうな、という、
旅暮らし。

あたらしい土地に縁ができると、
なるべく、その周辺を積極的に観光するようにしています。
盛岡よりも仙台のほうが都会だから、どうしても「都会にあそびにいこう」とすると仙台のほうに行ってしまうことが多いかな。

仙台はきれいな都市です。
青葉まぶしく、川うるわしく。都市計画がとにかく、きっちりとしていて、道もわかりやすいです。
博物館で、戦国時代の仙台市の地図をみたことがあるのですが、
現在の地図と重ね合わせてみても、その哲学がよくわかります。さすが政宗さま。
戦国時代以前は、湿地の多い人家まばらな寒村であったという話があります。
それをここまで発展させたという。内政の手腕の高さが伺えます。

仙台っ子は、みんな政宗さま大好きだよね。わたしもBASARA見たよ〜☆かっこいい。
余談ですが、仙台の五月人形の兜は、三日月の飾りがついているんですよ!!


仙台と、政宗公と、短歌(和歌)。
こちとらムダにヲタっているわけじゃぁありませんぜ。

前回、『サラダ記念日』のお話で「七夕」をとりあげましたが
今回の記事でも、「七夕」が深く関わってきます。
(なぜなら、この記事は8月に書き上げて公開する予定だったから
仙台七夕は東北三大まつりのひとつで、現在は8月6日〜8月8日にかけて開催されています。

伊達政宗は、七夕に関する和歌を8首、詠んでいます。

政宗公は、「伊達なお方」。
武人としての名に隠れがちですが、彼の文化人としての一面は語るに外せないと思います。
その和歌も、風流な詠みぶりで今に残されているのです。


まれにあふ こよひはいかに七夕の そらさへはるる あまの川かぜ
七夕は としに一たひあふときく さりてかへらぬ 人のゆくすえ
七夕の 夜の契り 浅からす とりかねしらす 暁の空
幾とせか 心かはらて 七夕の 逢夜いかなる 契なるらん
あひみんと 待こしけふの 夕たちに 天の川せや せきとなるらし
雲きりは たちへたつとも 久かたの あまの川せに せきはあらしな
なけきこし 人のわかれに くらふれは ほしのちきりそ うらやまれぬる

      仙台七夕公式サイトより (http://www.sendaitanabata.com/rekisi/index.html



ところで、
一般的に、七夕って、7月7日じゃないですか???

仙台七夕は8月ですよね。

これは、「新暦」「旧暦」という、カレンダー上のズレから生じた矛盾なのでした。

日本では、明治時代に、
使用していた暦(カレンダー)を、「太陰暦」(月の満ち欠けを基準とした暦。アジアで広く使われていたもの)から「太陽暦」(太陽の満ち欠けを基準とした暦。西洋のカレンダーにあわせた/現在の国際基準)へと改暦しました。
そこで、年にもよりますが、だいたい1ヶ月程度の日付のズレができてしまったのです。
(大きなカレンダーや手帳なら、日付欄に小さく旧暦の日付も併記してあるものもありますよね)

ふつうに生活していたら、なんとな〜く、
「旧暦なんて昔のこと」なんて、忘れてしまうところなのですが・・・。

年中行事、古くから伝わっているお祭りやしきたりは、旧暦を基準に決められていることが多く、
文化をちょっと深く触れようとすると「あれ?」って思うことが増えてきます。

俳句をやっているかたは、『歳時記』の携帯が欠かせないかと思います。
短歌は、俳句ほどは季節に厳しくはないのですが、
やっぱり、古い和歌を詠もうとすると、「新暦の感覚」をすこし脇において、「旧暦の感覚」を意識したほうが自然ってことが出てくるんですね。

だってさ、仙台で7月の初旬だと、
まだ梅雨も明け切っていない、夏とは言い切れない気候でしょう?

雨続きのじとじとした空模様では、天の川もきれいには見られません。


以前に、『ちはやふる』を紹介する記事をかきましたが
主人公のちはやが、電話をするシーンで、
「携帯電話は、かささぎみたいだねぇ」と話すシーンがありましたよね。

鵲の 渡せる橋に おく霜の しろきを見れば 夜ぞ更けにける


このセリフは、この歌を下敷きにしています。
「カササギの渡せる橋」というのは、七夕に織姫と彦星が会うときに渡る、天の川に渡せる橋のことです。

俳句では、「霜」は、冬の季語ですね。
七夕が夏だから、???ってキブンにもなってしまいますが(笑)、
星のきらきらと、霜の輝きを連想させ、ロマンチックなエピソードともあいまってうつくしい歌となっていると思います。

二十四節気「霜降」(2011年は10月24日)も過ぎ、あっというまに寒くなってきてしまいました。
七夕記事の掲載にしては少し時期がおくれてしまったかな、とも思いましたが。ま、うまくまとまったということで、ね。


スポンサーサイト

  • 2011.12.11 Sunday
  • -
  • 00:00
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2015/05/08 11:21 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

access

管理人にメールを送る
(さるさる日記のメールフォームです)

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 【文語短歌】自由自在・その12【古典和歌】
    夜考宙ん
  • Book-Offで歌集を買う
    夜考宙ん
  • 【文語短歌】自由自在・その11【古典和歌】
    夜考宙ん
  • 【文語短歌】自由自在・その11【古典和歌】
    さね
  • 【文語短歌】自由自在・その11【古典和歌】
    夜考宙ん
  • みゆきまたなむ
    夜考宙ん
  • 連載小説 『部屋』 【後編】
    夜考宙ん
  • モテたい。【番外篇】
    うさぎ林檎
  • power of kotonoha
    夜考宙ん
  • 歌クテルwebマガジンは一周年を迎えました。
    さねとも

search this site.

profile

mobile

qrcode

links

others

sponsored links

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM