スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2011.12.11 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

海へ…来て(ネコノカナエ)

 
カモメにはなれない飛べない地を這ってこの手をのばして探す指先


この空を飛べても朋は戻らない わたしの胸には海溝がある


さざ波が静かに寄せるつまさきに優しくしないで悔しくなるから


震えつつ夜を見上げた星の日に朋はとおくへ行ってしまった


とりあえずカムパネルラと叫ぼうか まだ朋の名は海に呼べない


謝らず普通に生きたい 朋でなくわたしがここに生きてることも


悲話だとか美談にしたてて「型」にしてそんな風に彼女を使うな


海風が北上夜曲を奏でだす朋と自分をまた比べてる


この胸に海溝がある もう一度踏み出すための深い静寂


でもそれでも林檎をかじる ここでまたわたしは生きていかなきゃいけない


何度でも姿勢を正して空を見る 誰かの分など生きられなくても


スポンサーサイト

  • 2011.12.11 Sunday
  • -
  • 00:00
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

access

管理人にメールを送る
(さるさる日記のメールフォームです)

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 【文語短歌】自由自在・その12【古典和歌】
    夜考宙ん
  • Book-Offで歌集を買う
    夜考宙ん
  • 【文語短歌】自由自在・その11【古典和歌】
    夜考宙ん
  • 【文語短歌】自由自在・その11【古典和歌】
    さね
  • 【文語短歌】自由自在・その11【古典和歌】
    夜考宙ん
  • みゆきまたなむ
    夜考宙ん
  • 連載小説 『部屋』 【後編】
    夜考宙ん
  • モテたい。【番外篇】
    うさぎ林檎
  • power of kotonoha
    夜考宙ん
  • 歌クテルwebマガジンは一周年を迎えました。
    さねとも

search this site.

profile

mobile

qrcode

links

others

sponsored links

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM