スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2011.12.11 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

【文語短歌】自由自在・その2【古典和歌】

どうもこんにちは、さねともです。

連載第二回目は、古典和歌について書こうと思いますよ。

まず、古典和歌と文語短歌、この違いについてごく簡単に書いておきます。何が違うかといえば、まず見た目には使われている言葉が違います。恣意的に抜き出します。

まず文語短歌。

入りかはり立ちかはりつつ諸人は誇大妄想をなぐさみにけり

リユクルゴスの回帰讃ふるこころにもなり得ず吾は子にむかひ居り

(斉藤茂吉『寒雲』より)


「誇大妄想」「リユクルゴス」「回帰」の、漢語や外来語表現に注目。

次に古典和歌。

けふ来ずはあすは雪とぞふりなまし消えずはありとも花と見ましや

起きもせず寝もせで夜をあかしては春のものとてながめくらしつ

(『古今和歌集』在原業平)


おわかりでしょうか? 「和歌」というのはそのまま「やまとうた」を意味しますが、それが示すのは「『やまとことば』で出来た歌」であり、和歌には外来語が、つまり漢語が使われていません。これは意図的にそういう作り方をしていたのであって、中には例外もありますが割合厳密に守られていました。

なぜ外来語を使わなかったかというと、それは中国大陸からつぎつぎに輸入されてくる「漢詩(からうた)」へのカウンターパートとして、日本固有の「和歌(やまとうた)」を守る必要があったからです。漢語は漢字だらけの漢詩に任せ、日本語で作る歌として和歌は成立していたのです。

さて、古典和歌と文語短歌の違い、とりあえず「見た目」から見てみましたが…まだあります。

それは、明治以後の短歌がいわゆる「写生」に特化していったのに対し、古典和歌が特化していたものは何かということ。

「恋歌」であります。

続きを読む >>

【文語短歌】自由自在・その1【古典和歌】

 はじめまして、さねともと申します。

今回より数週間に一度のペースで連載を受け持ちます。よろしくお願いいたします。

さて、私がこのwebマガジンでの連載として扱うのは、古典和歌と文語短歌に関するエッセイです。要するに著作権の切れた作品を中心に、ざっくばらんに書いてゆこうという算段です。

と言いますのは、現代短歌に関わる人間としてまず感じたのが、古典や文語作品を意識的に避けて通っている方が少なくなかったこと。それはそれで姿勢として理解できても、どこかで「もったいないな」と思うところがありました。確かに今現在、いやこれから未来にわたっても古典や文語というものはますます読者が少なくなっていくとは思うのですが、その蓄積は無視できるものでもないと思うのですね。

古典や文語の技術の中には現代短歌にも通じるものがあり、また現代短歌の幻想性も古典や文語作品に既に見出されている場合もあります。そういうのを扱ってゆけたらと思っています。



 では連載第一回目は…芥川龍之介の作品から。

続きを読む >>


access

管理人にメールを送る
(さるさる日記のメールフォームです)

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 【文語短歌】自由自在・その12【古典和歌】
    夜考宙ん
  • Book-Offで歌集を買う
    夜考宙ん
  • 【文語短歌】自由自在・その11【古典和歌】
    夜考宙ん
  • 【文語短歌】自由自在・その11【古典和歌】
    さね
  • 【文語短歌】自由自在・その11【古典和歌】
    夜考宙ん
  • みゆきまたなむ
    夜考宙ん
  • 連載小説 『部屋』 【後編】
    夜考宙ん
  • モテたい。【番外篇】
    うさぎ林檎
  • power of kotonoha
    夜考宙ん
  • 歌クテルwebマガジンは一周年を迎えました。
    さねとも

search this site.

profile

mobile

qrcode

links

others

sponsored links

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM