スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2011.12.11 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Kotonoha-mix(3) アンダーグラウンド定点観測 feat. 阿川大樹


4月某日、横浜・黄金町にて執筆活動をされている作家の阿川大樹さんに、黄金町×アートのことから、モノを書くための練習、等々等々、たーっぷりお話をうかがってきました★
そんなわけでkotonoha-mix、2週にわたってディープなトークをお届けしてまいります、ヒア・ウィー・ゴー!


■ 黄金町×阿川大樹。

阿川:横浜に住むようになったのが20年ぐらい前になるんですけど、探検をしてね、偶然この地域に来たんですけど、日ノ出町と黄金町の間の川に面しているところと、川から離れた路地1本分ぐらいの範囲の中にチョンの間が並んでて。お店によって違うんだけど、狭いところは間口が自転車1台分より狭いような扉1枚しかなくて、その中にピンク色とか変な色の蛍光灯が点っていて、女の人が立ってるんですね。そういうのがずらーっと。僕が最初に見た時でも20人か30人ぐらいの人が立っていて。
日野:それはそう遠くない昔の話ですか?
阿川:10数年前だったと思う。21世紀の日本じゃないみたいなね。
日野:外国人の方が多かったんですか?
阿川:そう思いますねぇ。なかなか目を合わせられないからチラ見をしつつ、でもちょっと見ようとするとすぐ「私を選んで!」っていう顔をするわけですよね。女を買いに来たわけじゃないから居心地悪いんだけど、ものすごく面白いところに来たっていうワクワク感があった。


■ 黄金町@過渡期。

阿川:すごく変な場所で、なんで今でもこんな街が残っているんだろうって。だからこの街がどう変わっていくかっていうことに俄然興味を持って、ときどき街のようすを見てたんですけど、なんとなくお店が減った時期があって、しばらく来なかったんですよね。その頃、知らない間に売春宿は追い払われていて、カラだけ残ってて。その空いたところを利用して、「黄金町プロジェクト」っていって一種の町おこし運動を始めた人たちがいて。街の探検ツアーとか、そういうことをやってたんですね。
日野:何年前ぐらいからそういう動きがあったんですか?
阿川:たぶん一掃された直後ですから、5年ぐらい前ですよね。変わった、いかがわしい場所なんですけど、へんな魅力があるわけだから。
日野:魅力ありますね。
阿川:そういうのを毛嫌いして触らない人と、自分が女を抱くとかそういうんじゃなくてもそういう場所に興味を持つ人と、たぶん人間には2種類あって、どっぷり足を踏み入れるかどうかは別にして、その空気みたいなものを見るのが好きな人たちって結構いるわけですね。
日野:少し変わった感性の人たちが集まってきたというか。
阿川:そうそう集まって。そういう一種の運動があったんですけれども、もともとの、街をきれいにしたいっていう人は、できるだけ早く売春宿の痕跡を消したい。だから売春宿の集まっていた街というのを一種の売りものにして面白がるっていうことに対して非常に抵抗があった。黄金町が売春の街になったのは戦後なんですね。ふつうの街だったのに、いわゆる戦後のどさくさというやつで変わっていってしまったんですね。自分の街がぐちゃぐちゃに壊されて、踏みにじられたような感じを持ってる。だから街に住んでる人たちから見ると、売春という歴史を看板に掲げて人の興味を引くっていうことが受け入れられないことだったんだと思います。ところがある時、「黄金町プロジェクト」は活動をやめます、と。彼らがやろうとしてたことは地域から受け入れられなかった、ということだけがわかった。その時点では、気持ちはその人たちに寄っていたので、「なんでなんだ?」っていうね。歴史自体を塗りこめて消すことはできないんじゃないかって思ったんですね。人間の持ってる闇の部分みたいなものを消し去ることに対して、生理的な嫌悪感みたいなものがありましたね。人間の根源的な部分の「性」というものって、人類がうまれてからずっとあるんですよね。で、そこにある人間模様、それぞれの人の生き方みたいなものっていうのを、まるっきりなかったことにするような否定の仕方っていうものに対して、ある種の生理的反発みたいなのがあったんですよね。そういうのも含めて、僕もちょっと排斥されたような感じがして。僕は、見てただけなんだけど(笑)。その後なんだかつまんない街になっちゃうように見えたんですね、僕にとっては。

続きを読む >>

5月の空に☆短歌日記

<1日>

奪われたすべてを奪い返せいま風高く吹け五月一日



<2日>

待ちわびて桜を映す中津川歩けば綿毛は応えて空へ



<4日>

セーターをたためばいよいよ新しい五月は春から初夏へ踏み出す



<6日>

連休の昼より平日朝に混む普通の駅のこの駅が好き



<9日>

「ハナミズキはまだつぼみです。元気です。」たまには写メールなんかしてみる



<14日>

足元に広がる空が七日前より伸びてゆくあぜ道に立つ






(このウェブサイトに掲載されている情報は、著作権法に基づき保護されています

【文語短歌】自由自在・その3【古典和歌】

どうもこんにちは、さねともです。

連載第三回目、の前にごあいさつ。

おかげさまで『歌クテルwebマガジン』に思った以上のアクセスを頂いておりまして、毎日アクセスログを見るのが楽しみになっております(笑)。それで、このwebマガジンはjugemさんのシステムを使わせて頂いておりますが、jugemさんのアクセスログに「検索ワード」という機能がついていましてね。読者の皆様がgoogleやYahoo!などの検索サイトで、どんな言葉を検索してwebマガジンを見にきてくれたかが分かるようになっています。

そしてその検索ワードのログに、こちらが登場しました。

「和歌 短歌 違い」

これは嬉しかった!
少なくとも「和歌と短歌の違い」という素朴な疑問について興味をお持ちの方が前回の私の記事にたどり着いてくださったわけでして、お役に立てたかどうかは分かりませんけれども私にとっては「書いた甲斐があった!」と充実感にひたるだけの感慨がありました。

というわけで…

今回も和歌と文語短歌の違いについて、書かせていただきます。



短歌をはじめたころのわたしへ (3)短歌に特化したポータルサイト

こんにちは。
この文章は、「短歌をはじめたころのわたしへ」、
ネットの検索の仕方も、短歌の情報の入手方法も、なんにも知らなかった、
あのころの自分に向かって書いている文章です。

前回の宿題のこと、おぼえていますか?

前回のテーマは、
ネットで「短歌」を検索してみよう!
でした。

短歌のポータルサイト
、検索できましたでしょうか。

一般的に「ポータルサイト」とは、
ニュースやメール、ホームページへのリンク、交流のためのコミュニティなど、
たくさんの情報をわかりやすく見られるように工夫してあるサイトのことをいいます。
yahoo」や「google」、「MSN」のようなページを想像してみてください。
これらは、世界中から集められた膨大な情報を取り扱っているポータルサイトです。


では、「短歌のポータル」の必要性って?

膨大な情報を取り扱っているサイトというのは、逆に言えば、
「どの情報を見れば知りたいことが見つかるのかわからないよ!」というくらい、情報に溺れてしまいがちなんですね。
そこで、この膨大なインターネットの世界から、
さらに短歌に特化した情報を整理しているサイトを、いくつかご紹介したいと思います。

サークルってどんな所?〜短歌を始めたばかりの方へ〜

 皆さんはサークルにどんなイメージを抱いていますか?

「ひとりの方が気が楽」
「どこでやってんの?」
「私のレベルじゃまだまだ」

色々なイメージがあるでしょうが、結社やカルチャーセンターに比べるとメンバー募集の記事を見ることも少ないので、なんとなくとっつきにくい感じがしているのではないでしょうか?
今回はそのサークルについて紹介してみたいと思います。


サークルは「短歌」というキーワードのもとに集った小さな自主的な集団です。
(もちろん規模の大きなサークルもありますが)
基礎を学びたい、他の人の意見が聞きたい、一人で詠んでいても寂しい…理由はそれぞれですが、みんな「短歌」を愛している人達です。
(そしておそらく「短歌」から愛されたいと願っている人達でもあります)

サークルの最大の利点は集団であるということです。
独学では気付かなかったことに出会う場でもあると思います。


サークルによって進行も様々でしょうが、ここでは私の所属しているサークルの方法を紹介したいと思います。



続きを読む >>


access

管理人にメールを送る
(さるさる日記のメールフォームです)

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 【文語短歌】自由自在・その12【古典和歌】
    夜考宙ん
  • Book-Offで歌集を買う
    夜考宙ん
  • 【文語短歌】自由自在・その11【古典和歌】
    夜考宙ん
  • 【文語短歌】自由自在・その11【古典和歌】
    さね
  • 【文語短歌】自由自在・その11【古典和歌】
    夜考宙ん
  • みゆきまたなむ
    夜考宙ん
  • 連載小説 『部屋』 【後編】
    夜考宙ん
  • モテたい。【番外篇】
    うさぎ林檎
  • power of kotonoha
    夜考宙ん
  • 歌クテルwebマガジンは一周年を迎えました。
    さねとも

search this site.

profile

mobile

qrcode

links

others

sponsored links

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM