スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2011.12.11 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

kotonoha-mix(6) 桃色恋愛事情 feat.藤原桃

kotonoha-mix4組目のお客様は、精力的に短歌の創作・歌集の制作・イベントへの参加をしている、日野の同世代歌人、藤原桃ちゃんです!
リアルな恋のみならず、BL短歌・百合短歌と、幅広く手を伸ばす桃ちゃんの、エロくも切ない桃色ワールドに迫ってみました♪ ヒア・ウィー・ゴー!!


■楽に息ができるんだけど!

日野:桃ちゃんは、結社とかサークルに入らずに一人で活動してるんだよね。
藤原:そうですね。6年前に、なんとなく5・7・5で言葉遊びをしてて、短歌を昔やってた友達に「ねえねえ出来たんだけど」って言ったら、「あとに7・7って付けると短歌になるよ」って言われて7・7まで付けて。短歌をはじめて詠んだのがその時。
日野:遊びで作り始めたんだね。自然に出てきたっていうか。
藤原:って、思ってたんですよ、自分でも。でもあたし、俵万智とか桝野浩一とか林あまりとか、意外と読んでたの。でも、桝野浩一の『かんたん短歌のつくりかた』に投稿の短歌がいっぱい載ってて、こんな若い子達がこんなすごい歌を作ってるんだったら、あたし今さらやっても無理だな、みたいにあきらめてたのね。こんなの作れないし、って。
日野:難しく思っちゃったんだ。
藤原:そう。そこから3年後ぐらいだよね、詠みはじめたの。
日野:やっぱり、縁はあったんだね。伏線的な。
藤原:そうそう、伏線があって。あたしはとにかく何か書きたいんだけど書けなくて、苦しくてもがいてる感じ……が、25〜6までずーっと続いていたから、短歌に出会った瞬間に「ちょっ、楽に息ができるんだけど!」みたいな感じになって。で、ブログをはじめて、それが「藤原桃の桃色短歌」っていう、今もやっているサイト。だからはじめた時に、周りに短歌やってる人がいるわけでも師匠がいるわけでもなかったの。ブログ始めてから偶然「文学フリマ」っていうイベントがあることを知って、ちょっと自分で本作ってみようかな、自分の名前で本出したいなーと思って、はじめて作ったのが『桃色短歌vol.1』。知り合いのデザイナーさんに表紙だけお願いして、中身とか全部自分で作って印刷所に出して、一人で文学フリマに参加したの。
日野:勇気あるよね。
藤原:ブルッブルだったよ。超ふるえた。なにするわけでもないのに緊張して手ふるえちゃって。何回か出て、今は慣れたけど、はじめて出た時は、誰に認めてもらったわけでもない人間が、こんなところで値段をつけて本を売るってことに、ものすごい緊張感。でも15冊くらい売れて、びっくりして。売れて5冊だろうと思ってた。

続きを読む >>

【文語短歌】自由自在・その6【古典和歌】

こんにちは、さねともです。

9/11(土)のこと…休日出勤だったわたくしメは23時30分になってようやく仕事のメドが立った! と安堵しておりました。

が。

………

………………

………………………

おい! 今度の連載、俺じゃねぇか! 仕事してる場合かっ!
と、今回は言い訳から入るのでございます。

読者の皆様、たいへん申し訳ありません。今回、さねともの連載は急場しのぎになってしまいます。





短歌をはじめたころのわたしへ(6)

こんにちは。
この連載は、「短歌をはじめたころのわたし」へ、手紙を書くように、
短歌についてご紹介しています。
さてさて、今週もその予定だったのですが…


とぅるるるる、とぅるるるる、がちゃ。
「もしもし、わたしちゃん?」
「えーちゃんじゃない、どうしたの?電話だなんてめずらしい。今週は短歌の評論とかを紹介するんじゃなかったの?」
「今週は手紙はおやすみにする。あのね、今日、イベントあるんだ!イベント行こうよ!」
「イベントって短歌の?」
「もちろん!」
「えー、でも、わたしなんて初心者だし、歌友達もいないしなぁ」
「大丈夫るんるん若い短歌好きさんがたくさん集まるおまつりだよ。友達なんてすぐできるって」
「若い短歌好きさん?まわりにそういう人いなかったから、ちょっと気になるかも!今日どこで?何時から?」
「名古屋!テレビ塔のところで、13時からだよ!」

と、いうわけで、
突然ですがA.Iは、名古屋の短歌イベントに遊びにきていま〜す。

→ホームページはこちら〈(ごめんなさい、あとでしらべるあせあせ(飛び散る汗))〉
 
A.Iと同世代の、パワフルな「うたのおねえさん」天野慶ちゃんがプロデュースする短歌フェス。それでは現地でお会いしましょう☆
 


モテたい。(4)

さて、短歌的な価値観って何だろう。
という出だしだと何かこう、ガチっぽいのですが、適当に読んでください。


正直、短歌的な価値観、この場合は「短歌を詠む人に通有する価値観」というのはよくわからない。
わからないけど、実は、しばらく前に「こういうの、短歌づくりと似てるんじゃないかなあ」と思ったものがある。
Vocaloidっす。

Vocaloid(タイプめんどい以下ボカロ)というのは、電子楽器の一種でして、
うまい人が操作すると、人の声に異常に似た音を出せるんです。

平たく言っちゃうと、ボーカルソフト。
ぶっちゃけ「初音ミク」とその一派のこと。




第29号巻頭作品「愛とはつまり5首」(yukky)

ひかるみち みずをまくおと ぬれるゆび その欲情はすべて有罪

ミルクティブラウン君の髪に触れ、愛とはつまり、生のうわごと

軋む朝甘い夢ごと突き上げて闇を切り裂く祈りのように

ほしいもの見つけるために生きたがり分け合うたびにまた死にたがる

23時59分好きだった さらば青春 はじめにもどる




(このウェブサイトに掲載されている情報は、著作権法に基づき保護されています


access

管理人にメールを送る
(さるさる日記のメールフォームです)

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 【文語短歌】自由自在・その12【古典和歌】
    夜考宙ん
  • Book-Offで歌集を買う
    夜考宙ん
  • 【文語短歌】自由自在・その11【古典和歌】
    夜考宙ん
  • 【文語短歌】自由自在・その11【古典和歌】
    さね
  • 【文語短歌】自由自在・その11【古典和歌】
    夜考宙ん
  • みゆきまたなむ
    夜考宙ん
  • 連載小説 『部屋』 【後編】
    夜考宙ん
  • モテたい。【番外篇】
    うさぎ林檎
  • power of kotonoha
    夜考宙ん
  • 歌クテルwebマガジンは一周年を迎えました。
    さねとも

search this site.

profile

mobile

qrcode

links

others

sponsored links

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM